連載「本で床は抜けるのか」

「本の重みでアパートの床が抜けてしまうのでは?」。そんな素朴な疑問から始まった「本」と「床」をめぐるルポルタージュは、取材を重ねるうちに「人」と「本」とののっぴきならない関係を詳らかにすることに。足かけ3年にわたり連載され、2015年には本の雑誌社より単行本化された人気連載【全11回・完結】。

最終回 床が抜けそうにない「自分だけの部屋」

2014年7月10日
posted by 西牟田靖

自宅に本棚を持ってきてからというもの、蔵書の数は格段に増えていた。ネット書店を利用し、多いときで月に30冊以上、一度に20冊近くというペースで買っていたからだ。本を書くのには資料となる本がとにかく必要となる。事実の裏取り… 続きを読む

第10回 なぜ人は書庫を作ってまで本を持ちたがるのか

2014年2月26日
posted by 西牟田靖

前回は電子化という方法で蔵書問題を解決したケースをみてきた。 武田徹さんと大野更紗さん。二人に共通しているのは、電子本よりも紙の本の方が読みやすいという考えだ。大量に電子化してしまったことを武田さんは後悔していた。日常的… 続きを読む

第9回 電子化された書棚を訪ねて

2013年11月18日
posted by 西牟田靖

連載の折り返し地点をすぎ、「これから後半ですよ」ということを前回の話で宣言したわけだが、それから一度も更新しないままなんと半年もの時間が流れてしまった。読者の中には首を長くして、更新を待っていた方もいるのかもしれない。遅… 続きを読む

第8回 本とのつきあい方をあらためて考えてみる

2013年4月15日
posted by 西牟田靖

この連載が始まってから1年がたった。ということは、引っ越した仕事場のアパートが本の束で埋まってから1年がたった、ということでもある。ここらへんで一度、自らの現状について記し、次回以降、新しい章へとつなげてみたい。つまり今… 続きを読む

第7回 マンガの「館」を訪ねる[後編]

2013年2月28日
posted by 西牟田靖

戦後マンガ史の古層を目の当たりにする 話はふたたび、最初に訪れた現代マンガ図書館に戻る。閲覧室と同じ二階の奧にある書庫に入った途端、胸や頭を圧迫されているような錯覚をおぼえた。部屋の端から端まで、人一人通れないぐらい間隔… 続きを読む