今年も東京国際ブックフェアが始まります

2016年9月22日
posted by マガジン航

毎年開催される本のお祭り「東京国際ブックフェア」が、9月23日〜25日にかけて今年も東京ビッグサイト(西展示棟 西2ホール1F)で開催されます。これまでは7月開催だったものが今年は9月開催に変更となり、読書の秋を感じさせるイベントになりました。ボイジャーは昨年まで、ブックフェアと同時に開催される「国際電子出版EXPO」に出展してきましたが、今年は東京国際ブックフェアへの出展となります。

今年のキャッチフレーズは、「これからの本の話をしよう」。同じタイトルの小冊子が会期中ボイジャーブースで配布されています(電子書籍版PDF版はネットでも公開)。なお、この小冊子には以下の記事が掲載されており、一部の記事が「マガジン航」にも転載されています。

・「電子出版、本気の時代」鎌田純子(ボイジャー 代表取締役)
・「菊とキティーちゃん――「かわいい」の力を日本は使いこなせるか」マット・アルト(株式会社アルトジャパン 取締役副社長)
・「世界への挑戦」藤井太洋(作家)
・「小豆島発の雑誌「その船にのって」ができるまで」平野公子 (メディア・プロデューサー)
・「ひとりの物書きの存在」片岡義男(作家)

korekara

東京国際ブックフェアへの出展者は国内外の出版社が中心ですが、「電子書籍ゾーン」にはボイジャーのほかに、平河工業社、堀内印刷所、スターティアラボ、 デザインМプラス、東海データサービス、フロンティアマーケットが出展(会場マップはこちら)。また「本の学校 出版産業シンポジウム2016 in 東京」や「電子書籍 スペシャル座談会」など、各種のセミナーやシンポジウム(要・事前申し込み)、毎年恒例の「造本装幀 コンクール」も開催されます。

漫画家・佐藤秀峰さん、SF作家・藤井太洋さんらが登壇

ボイジャーブースでは、今年も多彩なスピーカーを迎えたトークが行われます。トークセッションのスケジュールは以下のとおりです(登壇者のプロフィルなど詳細はこちらを参照)。


9月23日(金)

10:30-11:00
こんにちはデジタル〜出版パワーは180°Webにシフトする
鎌田純子 (VOYAGER代表)

11:15〜12:15
本を動かせ!〜動画広告で秘めた魅力を手軽にアピール
小林尚道 (VOYAGER)

12:45-13:45
電子書籍の老舗「コミックシーモア」の書店運営を大公開!?
加藤公隆(NTTソルマーレ)

14:15-15:15
「秋マン!!」って、ご存知ですか?
岡本正史(集英社)

15:45-16:45
マンガ作家としてデジタルを真剣に考えた
佐藤秀峰(漫画家)


9月24日(土)

10:30-11:00
お手本を見て、まねするだけ〜Romancer入門講座
木村智也(VOYAGER)

11:15-12:15
絵があるだけで行く道が照らされる〜イラストレーターともっと手を組もうよ
ヘロシナキャメラ( イラストレーター)

12:45-13:45
菊とキティーちゃん〜刀を捨てた「かわいい」日本が素晴らしい
マット・アルト(株式会社アルトジャパン)
特別出演:マンガ多言語対応――『蝶のみちゆき』
佃 純次(リイド社)

14:15-15:15
世界への挑戦〜デジタル発――日本SF大賞作家は語る
藤井太洋(作家)

15:45-16:45
私ゃデジタルかじり虫〜ボイジャーのイメージビデオをつくりました
うるま[うるまでるび](スーパークリエーター)


9月25日(日)

10:30-11:10
Romancer Webと出版はひとつ〜デジタル出版はみんなのもの
萩野正昭 / 小池利明(VOYAGER)

11:15-12:15
誰でも いつでも どこからでも〜デジタル出版のさまざまな事例を紹介します
Romancer作家のみなさん(VOYAGER)

12:45-13:45
欣喜雀躍 ドラえもん デジタル〜台湾でこんなに元気!
黃詠雪(台湾・青文出版総経理)

14:15-15:15
デジタルだから故郷を発信できる
小豆島の若者たち

15:45-16:45
これからの本の話をしよう〜好きなことをやる、上を向いて歩こう、ヤ
鎌田純子 / Bob Stein / 萩野正昭(VOYAGER)


なお、会場内のボイジャーブースはコマ番号1 – 42です(位置はこちらの地図をご参照ください)。
koma