国際電子出版EXPOに今年もボイジャーが出展

2014年7月1日
posted by マガジン航

今年も明日2日から東京ビッグサイトにて、国際電子出版EXPOがはじまります(東京国際ブックフェアクリエイターEXPO東京などと同時開催)。「マガジン航」の発行元であるボイジャーも例年どおりブースを出展(西2ホール出入口すぐ。会場レイアウトはこちら)し、ブース内でのさまざまな催しが予定されています。以下、今年の見どころをご案内いたします(ボイジャー出展ブースについての詳細はこちら)。

多彩な登壇者によるスピーキング・セッション

まず、毎年お馴染みのボイジャーブース内でのスピーキング・セッションは、今年は以下の顔ぶれが予定されています(無料。詳細なタイムテーブルはこちら)。

初日の2日は作家の池澤夏樹さん、作家の藤井太洋さん、著作権問題に詳しい弁護士の福井健策さん、3日は「マガジン航」の常連寄稿者である出版エージェントの大原ケイさん、ボイジャーが発行する姉妹誌DOTPLACE編集長でもあるブックディレクターの内沼晋太郎さん、4日は漫画家の鈴木みそさんと「トキワ荘プロジェクト」の菊池健さん、雑誌『知日』の主筆である作家の毛丹青さんらが登壇します。このほか電子書籍ビジネスで現場をお持ちの各企業の方々や、ボイジャーの各部署のスタッフも登壇いたします。

■7月2日(水)

・「本を書く人たちへ 本を読む人たちへ」鎌田純子(ボイジャー 代表取締役)/林純一(ボイジャー 開発部部長)[10:30-11:30]
・「電子出版の今と未来」池澤夏樹(作家) [11:30-13:00]
・「誰のための著作権か」福井健策(弁護士) [13:00-14:10]
・「KDPが私の出発点だった」藤井太洋(作家)[14:20-15:30]
・「出版者が創るWebの未来 〜Webベースのデジタル出版を支援するYONDEMILL(ヨンデミル)〜」鐘ケ江弘章(フライングライン)/根岸智幸(ブックウォーカー)/稲泉広平(太田出版) [15:30-16:30]
・「作家・インディーズよ、暴れ回れ!」小池利明(ボイジャー Romancerエヴァンジェリスト)[ 16:30-17:30]

■7月3日(木)

・「eBookサービス あなたが本をつくるならこれだ!!」原田悠太朗(ボイジャー 事業部)[10:30-11:00]
・「コミックシーモア10周年 ブラウザビューアの導入と今後の展開」荒谷篤志(エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ)[11:00-12:00]
・「本と電子出版の逆襲」内沼晋太郎(ブックコーディネーター)[12:00-13:00]
・「時間と場所に連動した、デジタルコミックスのウェブブラウザ・リーディング」茨木政彦(集英社)/岡本正史(集英社)[13:00-14:00]
・「海を渡るドラえもん 「ローカライズ」で広がる文化」依田寛子(アルトジャパン)/マット・アルト(アルトジャパン)[14:00-15:00]
・「図書館から広げる電子書籍」花田一郎(大日本印刷 honto)[15:00-16:00]
・「アメリカ出版業界レポ2014 次なるステージへ」大原ケイ(出版エージェント)[16:00-17:00]

■7月4日(金)

・「これから読まれる電子本はこれだ!」小林尚道(ボイジャー 開発部)[10:30-11:00]
・「Yahoo!ブックストア成長の秘密」佐藤美佳(GyaO)/芝野克時(GyaO)[11:00-12:00]
・「BinBはすごいヤツ——講談社が取り組む試し読み活用法」高島恒雄(講談社)[12:00-13:00]
・「KDPが私の道を拓いた!」鈴木みそ(漫画家)/菊池健(NPO法人NEWVERY トキワ荘プロジェクト)[13:00-14:10]
・「本とネットとRomancer」大谷和利(テクノロジーライター)[14:20-15:30]
・「電子プロモによる中国『知日』月刊誌の拡散力」毛丹青(作家・『知日』主筆)[15:30-16:30]
・「メディアと書き手の連帯が欠かせない時代」萩野正昭(ボイジャー プロジェクト室長)[ 16:30-17:30]

また作家・インディーズのための電子出版システム「Romancer」のサービス開始にあわせて、7月4日(金)に無料セミナー「デジタルなら出来る――どうあなたは読者と手を組むか?」(14:30-15:30/無料公開セミナー会場/定員60名[当日先着受付順])も開催されます。

今年のテーマは『本とあなたをデジタルでつなぐ』

そして恒例のパンフレット、今年のテーマは『本とあなたをデジタルでつなぐ』。会場ブース内では印刷版の冊子が配布され、ウェブでもPDFとRomancer版で公開される予定です。今年の目次は以下のとおりです。

第1章 本を書くたち人へ 鎌田純子(ボイジャー 代表取締役)
第2章 本とネットとRomancer 大谷和利(テクノロジーライター)
第3章 アメリカ出版界で一体何が変わろうとしているのだろうか 秦 隆司(ブックジャムブックス編集主幹)
第4章 私たちに身方するメディアなどない 萩野正昭(ボイジャー プロジェクト室長)

会場ブースではスピーキング・セッション登壇者やボイジャーの関連書籍や、「Text: the next frontier」の文字が描かれたボイジャー創業当時のTシャツ(上図)の復刻販売も行われます。国際電子出版EXPOや、同時開催の東京国際ブックフェアやクリエイターEXPO東京にお越しの際は、ぜひボイジャーの会場ブースまで足をお運びください。

*     *     *

なお、昨年の電子出版EXPOとボイジャーブースでのスピーキング・セッション、東京国際ブックフェアほかでの電子書籍関連の話題については、ライターの鷹野凌さんに「ブックフェアを見て歩いた3日間」という記事で詳しく報告していただきました。今年も会期終了後にレポート記事を掲載する予定です。