明日から国際電子出版EXPO

2012年7月3日
posted by マガジン航

明日から国際電子出版EXPOが東京ビックサイトで開催されます(7月4日〜6日。併催の東京国際ブックフェアは7月5日から8日なのでご注意を)。これに先立ち、楽天がKoboの電子ペーパー端末「KoboTouch」の発売と電子書籍サービス開始を発表、またアマゾンもキンドルの近日発売をアナウンスするなど、海外の電子書籍プラットフォームがあいついでサービスを始めることで、ようやく日本でも本格的に電子書籍ビジネスが立上りそうです(Koboについては、大原ケイさんによる「楽天、kobo買収の本当の意味」が読まれています)。

楽天はウェブサイト上でKoboTouchの予約を受付開始。

アマゾンもKindleの近日発売を正式にアナウンス。

2011年の電子書籍市場は前年比ダウン

ここ数年来、「電子書籍元年」との報道が相次ぎましたが、インプレスが本日発表した「電子書籍ビジネス調査報告書2012」によれば、2011年の電子書籍市場は前年比マイナス3.2%の約629億円でした。

なかでもこれまで日本の電子書籍市場を牽引してきたケータイ向けの電子書籍は、前年比マイナス16%と大幅ダウン。他方、期待された新しいプラットフォーム向けの電子書籍は、2010年の24億円から112億円まで伸びたものの、ケータイ向けのマイナス分を埋め合わせるほどではありませんでした。

KoboやKindleといった、すでに海外で一定の経験を積んだ電子書籍プラットフォームが日本国内でもサービスを開始することで、同報告書が予測するとおり、これから電子書籍市場は爆発的に伸びるのか。それともさまざまな問題が残されていて、一気に普及が加速することはないのか。これについてはまったく予断を許しませんが、こうした業界地図の激変のなかで、今年の国際電子出版EXPOは行われます。

EPUB3とHTML5が本格普及?

もう一つの話題は、Koboも採用しているEPUB3の動向です。先日の「国際電子出版EXPOでアジア初のEPUB3会議」でもお伝えしたとおり、国際電子出版フォーラム(IDPF)事務局長ビル・マッコイ氏をはじめとする関係者が来日し、日本側のパネラーとのシンポジウムが予定されています(EPUB3の意義については、先日公開したボイジャー代表・萩野正昭による記事、「電子出版はみんなのものだ、そう誰かが叫ぶべき」も参照)。

今年もボイジャーは HTML5対応のブラウザ上で稼働しEPUB3の閲読も可能な読書システム「BinB」を推進するため、国際電子出版EXPOに参加します。毎年恒例の公開トークイベントも下記のとおり行われ、「マガジン航」の編集人も5日に登壇します。皆様ふるってご参加ください。

今年も恒例のトークセッション行われます。

2012年7月4日(水)〜6日(金)
会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール
ボイジャーブース(小間番号21-2)
ステージ:ヤフー株式会社ブース内(小間番号21-1)*ボイジャーの向かい
(招待券をお持ちの方は無料。お持ちでない方は入場料1,200円が必要)

DAY1―7月4日(水)

  • 12:00-12:30
    30分でわかる eBookデザイン講座

    松本弦人(BCCKS チーフクリエイティブオフィサー)
    × 鎌田純子(ボイジャー 取締役/企画室長)
  • 13:00-13:45
    「 i 」で変わる読書スタイル

    大谷和利(テクノロジージャーナリスト)
  • 16:00-16:45
    アプリ不要の書店を「BinB(ビー イン ビー)」で!

    清水勝(ボイジャー デジタル出版部部長)

DAY2―7月5日(木)

  • 12:00-12:30
    30分でわかる eBookデザイン講座

    鎌田 純子(ボイジャー取締役/企画室長)
  • 13:00-13:45
    EPUB3/Readium 日本語対応最新レポート

    ビル・マッコイ(IDPF事務局長)
    × マーカス・ギリング(IDPF/DAISYコンソーシアムCTO)
  • 14:00-14:45
    EPUBにしたら世界が変わった

    津田大介(ジャーナリスト)
    × 萩野正昭(ボイジャー 代表取締役)
  • 16:00-16:45
    マガジン航対談 電子で始めるリトルプレス

    仲俣暁生(マガジン航 編集人)×
    秦隆司(ブックジャム・ブックス 主幹)

DAY3―7月6日(金)

  • 11:00-11:30
    同人誌に学ぶ 愛と戦略の電子本マーケティング
    金田明洋(COMIC ZIN 同人統括責任者)
    × ミハラテツヤ(辺境屋/『電子書籍少女』編者)
  • 13:00-13:45
    本は誰のものか―青空文庫と著作権
    富田倫生(青空文庫 呼びかけ人)
  • 14:00-14:45(Yahoo! JAPAN/ボイジャー 共同ステージ)
    Webブラウザへ進路をとれ!(仮)
    髙田正行(Yahoo! JAPAN ターゲティングメディアユニット長)
    × 萩野正昭(ボイジャー 代表取締役)
  • 16:00-16:45(Yahoo! JAPAN/ボイジャー 共同ステージ)
    新装「Yahoo! ブックストア」舞台裏を大公開!(仮)
    芝野克時(ヤフー株式会社 Yahoo!ブックストア プロダクト企画担当)
    × 吉原数規(ヤフー株式会社 Yahoo!ブックストア ビジネス企画担当)
    × 林純一(ボイジャー 開発部部長)
    × 清水勝(ボイジャー デジタル出版部部長)