バーンズ&ノーブルの電子書籍端末

2009年10月21日
posted by マガジン航

アメリカの大手書店チェーン、バーンズ&ノーブル(Barnes&Norble)は10月20日に電子書籍端末「nook」を発表した(プレスリリースはここに)。発売開始は11月末の予定。

「nook」の特徴は、キンドルなどと同様のE-ink社の電子ペーパーによるモノクロ・ディスプレイに加え、カラーの液晶画面も備えていることだ。またOSにはグーグル社のAndroidを採用している。バーンズ&ノーブルのサイトにはUnbound: The eReading Blogというブログもできており、さまざまな反応が寄せられている。

またTechCrunchには早速、nookとその仲間たち―最新eブックリーダー、スペック比較表という記事が載っており、nookとキンドル、ソニー・リーダーほかの電子書籍端末の仕様が一覧できる。

■関連記事
米Barnes & Noble、電子書籍リーダー「nook」発売 (Internet Watch)
電子ブックリーダに新製品! 『nook』はAndroid搭載 – 米Barnes & Noble (マイコミジャーナル)