連載「本で床は抜けるのか」

「本の重みでアパートの床が抜けてしまうのでは?」。そんな素朴な疑問から始まった「本」と「床」をめぐるルポルタージュは、取材を重ねるうちに「人」と「本」とののっぴきならない関係を詳らかにすることに。足かけ3年にわたり連載され、2015年には本の雑誌社より単行本化された人気連載【全11回・完結】。

第6回 マンガの「館」を訪ねる[前編]

2013年1月17日
posted by 西牟田靖

新宿から電車で西へ1時間あまり。電車を降り、駅の外に出て、歩き始めると周囲は次第に郊外の光景となっていった。高い建物はなくなり、そのかわりちらほら紅葉が混じる林と、うねうねカーブする渓流が現れる。橋を渡り、沿道に杉林が広… 続きを読む

第5回 自炊をめぐる逡巡

2012年10月23日
posted by 西牟田靖

今年の2月、約2000冊の蔵書を木造アパートの一室(4畳半)に移したところ、本や本棚で床が埋まってしまった。万が一、床が抜けてしまったら、一階に住む大家が大けがをするかもしれない。そうなれば当然引っ越さねばならない。賠償… 続きを読む

第4回 持ち主を亡くした本はどこへ行くのか

2012年9月12日
posted by 西牟田靖

原稿書きを長時間やり過ぎると首がちぎれそうになるほど痛くなる。そんなときは決まって、近所の整体院に行くことにしている。約一時間、足腰肩首と足の裏でぎゅーっと踏まれ、首や腰を捻られバキバキと関節を鳴らしてもらうと、さあまた… 続きを読む

第3回 本で埋め尽くされた書斎をどうするか

2012年7月11日
posted by 西牟田靖

本をテーマにしたエッセイや随筆、本棚を紹介する本を漁ってみると、僕が知らないだけで、実は「床抜け」はそんなに珍しいことではなく、起こりうるということを思い知った。それどころか床が抜けなくても、本が大量にあるというだけで十… 続きを読む

第2回 続・本で床は抜けるのか

2012年5月31日
posted by 西牟田靖

友人たちと4人で住んでいた三階建ての一軒家から、木造二階建てのボロアパートへ、2000冊近くの蔵書を移したところ、床が完全に本で埋まってしまった。その様子を写真に撮り、ネット上に公開したところ、まったく違う意見を同時に寄… 続きを読む